遺品整理を業者に依頼する際に抑えておきたい3つのポイント


希望しているサービスを提供している

遺品整理を請け負っている業者というのは全国に数多く存在していますが、業者によっては提供しているサービスに細かな違いがあることも少なくありません。ただ単純に掃除を行う業者もあれば、遺品を整理した上で買取まで行ってくれるような業者もあります。中には寺院などと連携していて、遺品の供養までしっかりと行ってくれる業者もいます。遺品整理を業者に依頼する際には料金などだけではなく、自分が希望するサービスを提供しているかどうかの確認も大切です。

業者のサービス圏内である

遺品整理を業者に依頼する際、希望通りの業者が見つかってもすぐに依頼するのではなく場所も確認する必要があります。遺品整理を行う業者はサービスを提供する地域が限られていることが多く、そのサービス圏内から外れている場合には多額の出張費を請求される場合も少なくありません。そのため、遺品整理を行う家から近い場所にある業者を優先的に探すことが大切です。

しっかりと届け出を行っている

遺品整理を請け負っている業者は様々なサービスを提供していますが、その中には許可や届け出が必要となるサービスも少なくありません。遺品の買取を行う際には古物商許可が必要になりますし、不要な家電製品や家具などを処分するには一般廃棄物収集運搬業許可が必要となります。これらの許可や届け出を行っていない業者は違法な業者であるため、何らかのトラブルに巻き込まれる可能性が高いので避けるのが無難です。最悪の場合、不法投棄などで依頼者にも問題が生じる可能性があるので注意が必要です。

ゴミ屋敷の片付けは経験豊富な専門業者に任せるのが賢明です。大量のゴミを正しく分別してもらえる他、貴重品を誤って捨ててしまう心配がありません。